1/1
大原郁香

大原郁香
Yuka Ohara


​チョークアーティスト

アーティストステートメント

「支えてくれる人への感謝を忘れず、好きなことを追求すれば、きっと夢はかなう。」絵の技術以上に伝えたいのはそんな思いです。

 

作品は、画材と指で主に描いてます。

 

植物と光、大地。全ての自然から大きな力を頂き、私の魂は漲ります。

 

自然と共にアートと心のフィルターを通して、暗闇を光で照らすような心の栄養となる作品をお届け致します。

 

 

BIO(略歴)

大原郁香(1988- )は尾道で生まれ、海と山に囲まれた自然に恵まれた島で育つ。
小さな頃から絵を描く事に創造意欲があった。オイルパステルで描くチョークアートを一目見て惹かれ、

チョークアートの本場であるオーストラリアにてチョークアートスクールを卒業する。

帰国し、数々のオーダー作品の受注、国内外の展示、各展覧会の受賞を果たす。

生まれの地でもある尾道観光大志でもある。

 

1988 広島県生まれ。油彩画を長らく描いていた故祖父の影響を受ける。

2011 チョークアートの手法を生み出したモニーク・キャノンの下でチョークアートを本格的に学ぶ。

2012 広島銀行 向島支店 展示

2013 「Episoding Art 旗揚げイベント My Dream~我的心願」台湾師大、台湾 展示

2016 公益社団法人二科展 入選

   アメリカ・ロサンゼルス/ハイブギャラリー「日本人3人展」展示
   新宿通りギャラリー 個展

2017 チョークアート教室 Robina(ロビーナ)を開設。

2018 第103回二科展・新人奨励賞受賞

2019 福山大学・人間文化学科/現代アート・チョークアート講義

2020 「広島Web公募美術展 絵画系」入選

2021 ミラノ,デジタルギャラリー「M.A.D.S. Art Gallery」スペイン,フエルテベントゥーラ島よりInternational art exhivition    「SACRIFICE」展示