1/15
高松典雄

高松典雄(タカマツ ミチオ)

 

​油彩画

 

 

アーティストステートメント    

 

油絵で、旅行、ハイキング、登山などの折に写した写真をもとに風景画を写実的に描いていますが、たまに人物画、静物画も描きます。 眺めていると心が爽やかになるような気持のよい明るい絵を主に描きたいと思っております。 写真そのままではなく何とか「写心」になるように心がけています。

Bio (略歴 ) 高松典雄(タカマツ ミチオ)

 

*1949年横浜生まれ  国家公務員、大学教員等を経て退職

 

<画歴>

*2017年より 光陽会会友

*2021年より 光陽会会員

*絵画教室で鈴木益躬画伯(一水会運営委員)、岡本邦治画伯(光陽会会長)より指導を受ける。

 

*主な受賞歴  

・2014年 秀彩展 新人賞、2015年同会員賞  

・2017年 光陽展 賞候補  

・2018年 プラチナアート大賞展 佳作賞  

・2018年 日美展 審査員奨励賞  

・2019年 一枚の繪全国日曜画家コンクール 佳作賞

・2021年 光陽展 賞候補

 

*主な入選歴  

・2014年より毎年 日本の自然を描く展  

・2014年より毎年 プラチナアート大賞展   

・2014年より2016年を除き毎年 一枚の繪全国日曜画家コンクール

・2016年より毎年 光陽展  

・2014、2015、2017年 全日本アートサロン絵画大賞展  

・2014~2016年 都展  

・2017年 絵のまち尾道四季展

 

*グループ展  

・ドミンゴ会油絵展 毎年参加  

・春光会展 毎年参加  

・光陽会東京多摩支部展 毎年参加  他