1/1
井上空咲.jpg

​井上空咲  
Kuusho Inoue

前衛書家​
 


 

  • Facebook
  • Instagramの社会のアイコン


アーティスト・ステートメント
前衛書家
紙面に対峙する瞬間、溢れ出す感情を最大限に表現する。文字の姿を借
りて、点と線にのせて…。そこにあるのは“線と空間-余白-”の美。

 


略歴


1965年生まれ 幼少期に書の基本を学ぶ
1993年 髙畠之空氏に師事 墨象の世界を知る
東洋書芸院 常任理事/産経国際書会 審査会員/書芸研究 墨空会主宰/JCAT NY membership

 

バイオグラフィー


井上空咲は、大阪市出身。幼少期から、未知の事を体得するのに興味があり、書もその一つ だった。
また、物を創作するのも得意で、書のジャンルの中でもスタイルにとらわれない墨象の世界にのめり
込んだのも自然なことだった。墨象は、伝統書と違い、自由な造形表現の世界。彼女の場合は、文字
性と非文字性の2つのアプローチで制作。紙面に対峙する時、溢れ出る感情を文字の姿を借り、点と
線にのせて表現していく。また、用具・用材は墨・紙・筆以外の物も使用するのが特徴的で、墨とア
クリル・岩絵の具とのフュージョン、ボール紙や木の枝でさえも筆となり、独自の線質を表現。だが
、どのような物を使用しても、線を引くという事にこだわる。書き直しのきかない線の芸術―それが
書であると考えるからだ。作品には、圧倒的な迫力で寄せ付けないもの、逆に、その中へ引き込むも
のがあるが、彼女の作品は後者であり、線と余白が響き合い、心地よく観る者を捉えて離さない空咲
の世界が、そこにある。

受賞歴


2002  東洋書芸院公募展 推薦受賞
2003  〃 〃 〃 〃  特選受賞
2004  〃 〃 〃 〃  推薦受賞
2005  〃 〃 〃 〃  奨励賞受賞
2006  〃 〃 〃 〃  推薦受賞
2009  〃 〃 〃 〃  大賞受賞
2018   産経国際書展 特選受賞
2019   産経国際書展 会友賞受賞
2021   産経国際書会 無鑑査会員特別奨励賞受賞
      開明株式会社 新商品タイトルロゴ公募 グランプリ受賞
 

 

展覧会等


2009-15  日本現代書 海外展 連続出品/海外7ヶ国
2014       J.arts BRIDGE日本美術の架け橋展/うめだ阪急百貨店
2015  雪舟国際美術協会特別展~書の可能性~/東京都美術館
2016       Ten・ten 2016 -線-55のスタイル/横浜レンガ倉庫
2017~  (毎年)グループF展/東京・大阪・広島等
2019       天来の会書展/東京銀座画廊美術館

              井上空咲初個展‐書で奏でる‐/gallery La Campanella

2020   JCAT NYグループ展‐BEGIN‐/WEB展覧会
              JCAT NY 個展枠/WEB展覧会

2021   MADS MILANO KROMATIC@RT展/MILANO ITARY

              Graphic Art Exhibition~クリエイティブ表現の現在~/Recto Verso gallery

 

 

作品制作販売実績


2017       株式会社コンセプト 社訓揮毫
       Bar TARLOGIE SONA 店舗飾額制作

2018    個人邸 5軒 飾額制作
2020    家族葬ホール「おくりみ」全フロア飾額制作
2021    和菓子 吉乃屋 店舗飾額制作
その他、和装小物パッケージデザイン等制作実績