1/2

寺崎敦則

陽だまり展代表

​●逕展会員

アーティスト

色鉛筆画家

 

 

アーティスト・ステートメント:

 大学在籍時に部活で水彩画を学び、卒業後油絵に4年ほど取り組んだ後、色鉛筆画を始めました。枚数を重ねる毎に、色鉛筆特有の柔らかで緻密な表現力に魅せられ完全に転向、以降17年間色鉛筆画の小作品を描き続けて現在に至っております。

 風景や花等から得られた素直な感動を、気張らず呼吸をするように描き続け、見る人を楽しませる画家を目指しています。

 

 

略歴:

1973年長崎県に生まれ、1977年愛知県に移住。

1998年に就職により山形県に赴任、2002年に転職により関東に移住し、現在は川崎市在住。

2005年~2014年にグループ「MIX展」に5回出展。

2015年に自らのグループ「陽だまり展」を立ち上げ、2年に一度の開催。

2017年にグループ「逕展」に加入、毎年2月頃の開催。