1/2

​橋本六久

 

アーティスト

​日本

 

 

BIO(略歴)

2012/ジャパンアートフェスティバル/ニュージーランド

2015/OMMオフィシャルカレンダー2016コンペ展 入選/ART Lab OMM/大阪

2017/コラボアート21 入選・審査員特別賞受賞/梅田スカイビル/大阪

2018/アートダイブ 入選/江之子島文化芸術創造センター/大阪

2018/コラボアート21 入選

2018/梅田スカイビル/大阪

2019/アートダイブ 入選/江之子島文化芸術創造センター/大阪

 

2006/個展・毒電波放送局第一放送「I like it」/BABYLON/大阪

2006/個展・ユメミルオトコノコ/ヴァニラ画廊/東京

2010/個展・骨と骸は緑色/ギャラリーはねうさぎ/京都

2014/個展・【これ】如是我聞【六久です】/Y ukiakari/滋賀

2018/個展・心斎橋奇譚/ギャラリーパライソ/大阪

 

アーティストステートメント

文豪に傾倒する絵描き。故に、その作品の性質も文学的である。幼少の頃より絵に親しんでいたが、祖母の遺した言葉に誓い本格的に画道を歩む決心をする。二十一歳の時、オーバードーズによる自殺を試みるも、未遂に終わっている。この時、臨死体験を通じて見えた緑青の世界が、自身の作品テーマである無意識となる。それ以降、自身を微睡画家と名乗り、日本画顔料を使用し単色での作品展開を行っている。その絵画の性質は日本画のスタンダードからは著しく逸脱してはいるが、それ故に独自の技術と世界観を構築している。芸術の為の芸術とは何かという問いに対するこたえを模索し、今日も筆を振るう奇人。